ホワイト歯科医院の院長“まぁ”の院長ブログ

2011年4月アーカイブ

忘れたころの!

| コメント(0) | トラックバック(0)

震度5強の余震ってなんでしょう。
楽しく、あめトーーク見ていたら地震警報・携帯もけたたましく鳴り、
次の瞬間、下から"ドッンーーー"
慌てて2階で寝ている娘のもとに階段を駆け上がっていく。
途中、早くも停電。
娘は何事もないように"すやすや"ほっと一安心。
情報収集に携帯取り出し夫婦ともに知人にメール、ワンゼクでテレビ。
だって携帯の充電器買ったもん(車からの!)楽勝!
っん?と次の瞬間意味のないことに気がついた。車庫のシャッターが電動。
停電だから車には乗れない。充電できない。車庫に入れない。
今回は移動方法すらない。

あれから4週間後にまたまた電気のありがたさを痛感しました。

被災地の方々のためにも余震はもう止まってくれ!
唐桑は7日の昼に停電解除になったらしい。停電期間27日間
その日の夜にまた停電になったとのこと。それはあんまりだ。辛すぎる!

がんばれニッポン!陽はまた昇る!

がんばれ!陽はまた昇る!②

| コメント(0) | トラックバック(0)

彼の家が近づくとその恐ろしさが目に飛び込んできます。
高台の家は何事もなかったのような外観。
低い海沿いの所にくれば何も残っておらず。まさに運命の境界線を見せられた気がします。

IMG_4480.JPG
IMG_4481.JPG

大型日用雑貨店の屋根の上に車が!
IMG_4486.JPG

彼の家は幸いにも高台の所、しかし20m先の坂の下はまさしく瓦礫の街になっておりました。
車がやっと通れるほどの瓦礫をぬって彼のもとに、
笑顔でした。
泣きたくなるほど嬉しく、堪えながら"生きてた~かぁ~"
まだ電気は通じず、寒い中、家族7人、ストーブのある部屋に集まっての生活。
お邪魔させていただき、状況を聞けば聞くほど、どう励ませばいいのか言葉を失いました。
ただ、2人の5歳3歳のお子さんたちの笑顔が、家族の辛さを流してくれていたように見えました。
IMG_4483.JPG
無理のないよう、体を壊さないよう休みながら、甘えながら
皆、頑張れ!がんばれ!
向かう道に差し込んできた朝日を見てそう思いました。
陽はまた昇る。必ず昇る!

IMG_4471.JPG

がんばれ!陽はまた昇る!①

| コメント(0) | トラックバック(0)

連絡はとれたものの、どうしても心配だった剣道部の先輩後輩親子の唐桑半島
ここの物資や燃料制限も若干少なくなっていたので何かできるか分からないが、見舞いに行ってみた。
一関インターを下りて気仙沼に向けて進む。
全くの日常。途中、普段通りの朝の日課でしょう。おばあさんが鍬を持って畑に行く姿。
気仙沼近づいても、全くの日常。
途中自動車ディーラーの大きなガラスが壊れたらしい店が2~3件あったほどでした。
本当にテレビに映し出されていた地震があったのか?夢ではないだろうかと思うほどでした。
一変したのは、気仙沼のバイパスでしょうかトンネルに差し掛かった時、トンネルに明かりがない。山の中に真っ暗な半円が、そこに車を突っ込んでいくしない。
まるでブラックホールに自ら落ちていくようです。
IMG_4475.JPG

そのトンネルを抜けた途端、絶句、どう表現すればいいのでしょう。
ことばではいえないほどの街並み、津波に壊され、追い打ちをかける火災
大型スーパーの脇に船が打ち上げられ車が無残に!
これから向かう、その先の半島の状況は想像できませんでした。
10年前に剣道の合宿で伺い、夜遅くまで飲み明かした町は消失しておりました。

IMG_4476.JPG

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2011年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年3月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type Publishing Platform