ホワイト歯科医院の院長“まぁ”の院長ブログ

東日本巨大地震②

| コメント(0) | トラックバック(0)

あまりの寒さと前日に早く就寝したため、そして余震のため早くの目覚め。
電気がつくかとスイッチ押しても無反応!
断水でトイレも流れず!娘は初めてだろう冷え切った便座で"冷た~い"の悲鳴
ちょっと笑ってしまった。
巨大地震の映像見たのは、実家にあった号外が初めてだった。
あまりの悲惨な状態に絶句!

岩手・宮城・福島には親戚や同窓の知人、そして大学の部活でいつも一緒にいた先輩、後輩が!
いくら連絡しても不通。心配!

公衆電話から相手先が停電でなければ連絡が取れることを知り、
近くのスーパーで千葉のかみさんの実家、東京の兄家族に連絡、
その他は連絡とれず、東北地方はどこもダメ。

不安ばかりがつのり、イライラ!
娘も恐怖と親のいららいらが解ってかイライラ!
2人でぶつかること多々。
その後、耐える娘を見て反省しきりでした。

食料品や不足のものを買いに、頑張って開けてくれているスーパーに。
真っ暗な中、一家族に店員一人づつ付いてくれて、買い物。
もちろんレジは動かないので、卓上計算機で会計。
自分の家も大変な中、ほんとにありがたく、
それでも待たせて並んでいるお客さんに謝る定員さんに涙が出るほどでした。

市役所で給水中との情報に、出向けば役所の方々が情報収集や種々のケア。
携帯電話の充電もしてくれた。ありがたい。
41年会の同級生が、我が家のことは後回しに休みなく働く姿に脱帽!
少し話をさせてもらい、私も何かスッとした。
"明日には水も電気もどうにか回復するよ"その情報にも励まされた。
パンや冷凍してあったご飯をガスコンロで解凍して、
実家から借りてきた石油ストーブで暖をとりながら
電気のありがたさを痛感ながら、真っ暗な中での夕食。
その時は近付いておりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://white-dental-clinic.jp/mt/mt-tb.cgi/96

コメントする

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、ホワイト歯科医院が2011年3月15日 02:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東日本巨大地震①」です。

次のブログ記事は「東日本巨大地震③」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type Publishing Platform